すっかり春めいた陽気となっています。
d0113817_731737.jpg

ギンヤンマ(学名 Anax parthenope、 英名 Lesser Emperor 、ポルトガル名 Anax Imperador Menor)
d0113817_7294386.jpg

Amendoeira(アーモンドの木)も早くも八分咲きです。
d0113817_19585726.jpg

今のところ、春の訪れは例年に比べ若干早いといった印象です。
この時期の天候も後に海のコンディションや魚の回遊に大きな影響を与える場合がありますので、観察は欠かせません。

毎年のことながら、暖かくなるにつれて今シーズンの漁への期待と不安が広がります。
漁師は今、体力を蓄え、網入れの準備に明け暮れています。

d0113817_20431135.jpg

[PR]
by mobulamobular | 2008-01-24 20:46 | 定置網 | Comments(2)
Commented by barca_branca at 2008-02-11 22:09 x
素敵な花畑、一面の黄色はオキザリスでしょうか。
花盛りのアーモンドの木も見事ですね。
Commented by mobulamobular at 2008-02-14 06:19
barca_brancaさん
オキザリス=カタバミなんですね。日本名は知りませんでした。
そちらではどのように呼んでいるのでしょうか。
ここらでは"Santa Noite"と呼ばれていて、この時期そこら中で咲き乱れています。
<< 木材 ヨーロッパコウイカ >>