キアンコウ
こういう魚はやはり、一度は水の中で見てみたいものですが、この海域では100m以深に生息しているため、
普通の人にはちょっと肉眼で見ることはできないと思います。
定置網には今までに1度の入網記録がありますが、この個体は地元漁師の底延縄にかかったものです。
d0113817_6425417.jpg

学名 Lophius budegassa、 英名 Black bellied angler、 ポルトガル名 Tamboril preto、 和名は不明です。
和名については英名を直訳して「クロハラアンコウ」とか「ハラグロアンコウ」とかの記述は目にしましたが、
何れもはっきりしないので、ここでは「不明」とします。「キアンコウ属」の1種です。
日本のキアンコウ(学名 Lophius litulon)は、「ホンアンコウ」とも呼ばれています。
d0113817_652788.jpg

"Anglerfish"の名前はこの背鰭棘が変形したものに由来します。太公望は「二本差し」で魚を誘い、ガブッと捕獲します。
d0113817_7281040.jpg

この「口ひげ」のようなものは水中ではヒラヒラと海草のように揺らめきます。参考までにFishBaseにリンクします。
大きな個体ですと1mほどになります。市場では腹面を上にして「肝」を見せて、セリにかけられます。
日本では「あんこう鍋」がおいしい季節を迎えていますが、こちらでは"Arroz de Tamboril"(アンコウ・オジヤ)という
お気に入りのポルトガル料理があります。もちろん、肝入りです。
[PR]
by mobulamobular | 2007-12-17 18:24 | | Comments(0)
<< 燃料代 イボガンギエイ >>