天気予報
自然相手の定置網。毎日気になるのが明日からの天気です。
テレビ・ラジオ・無線(ポルトガルの海上保安庁)でも天気の情報収集することはできますが、今ではもっぱらインターネットを利用しています。
こちらの天気予報は比較的よく当たります。しかし、一つの情報だけに頼ると時より「危険」なことになるので、
複数のサイトを見比べ、最後は自分の判断となります。でも、目視観察も大切です。今の天気はまさにここにあるのですから。
d0113817_7202021.jpg

上はCNNです。天気図に前線を表示しており、雨の降り方、風向きなどを知るのに参考にしています。
下はイギリスの"The European Centre for Medium-Range Weather Forecasts"というサイトです。
このような予想気圧配置図が10日先まで表示され、今後の天候の傾向を知る上でたいへん参考になります。
d0113817_725071.jpg

スペインの"Instituto Nacional de Meteorologia"のサイトです。下の図は風向きとその強さを示したものですが、
他にも同ページで、気圧配置、降雨状況などがこの先48時間後まで6時間毎の予報が表示され、とても便利です。
d0113817_731477.jpg

定置網にとって必要な海況情報には、気温、天気の他にも風向き・強さ、波の大きさ・その方向、水温、透明度などが含まれます。
続いてポルトガルの"Instituto de Meteorologia"です。全国図上に主要地の天気・気温・風向きおよび強さが、
また、海には波の高さおよび方向、水温がそれぞれ表示されます。
d0113817_0221863.jpg

画面を変えると、向こう4日間の天気予報を読むことができます。
d0113817_0243846.jpg

それぞれの予報には「予報官」の名前も記載されています。
ここで、ポルトガルの天気予報なので、あえて「難点」を言わせてもらえば、時々、上記2画面に著しい違いがある時が
あります。また、週末の予報が極々適当で、1日2~3行で4日間同じ天気、などと言う場合もあります。
長年ここにいますので、文化・習慣の違いは心得ているつもりですが、もうちょっと頑張ってもらいたいものです。

これら以外にも日本に「世界の気圧配置」という優秀なサイトがあり利用しています。ここでは今日明日のヨーロッパの
気圧配置図を見ることができ、画面の端っこですが沖の小さな低気圧の発生にも敏感に反応しているようで、
他の天気予報が「全滅」状態でも、「一人勝ち」といった時も今までに幾度もあります。

今の風向きを知るには"Weather Undergroud"の日本語版や、"Yahoo"を見ています。

ここは丘と海の間にRia Formosaを挟んでいますので、丘からはなかなか海の状況を知ることは難しく、
何がしかの情報に頼ることになります。そんな時、他の漁師からの情報も力強い味方となります。
しかし、船での航海、海での仕事は一歩間違えるとたいへん危険なことになります。
冒頭にも述べたように、天候の判断は、「最後は自己責任」、ということになります。
[PR]
by mobulamobular | 2007-11-29 17:59 | 気象 | Comments(0)
<< マンボウ ヤリイカ >>