マアジ
「アジ(鯵)の旨い鮨屋は上手い」と勝手に思っていますが、そのアジを代表するのが「マアジ」です。
アジ科(Carangidae)にはマアジの他、シマアジやブリ・カンパチが属しており、日本の食文化においてはとても大切なFamily(科)であると思います。
d0113817_2326468.jpg

d0113817_23265391.jpg

ポルトガルにおいても「マアジ」は人気種で、食べ方としては焼き魚、フライ、酢漬け等様々です。
北東大西洋および地中海海域では4種類の「マアジ」が生息していることになっていますが、ポルトガルでは内3種がよく水揚げされています。
(写真上) 学名 Trachurus trachurus、 英名 Atlantic horse-mackerel、 ポルトガル名 Carapau、 和名 ニシマアジ。
(写真下) 学名 Trachurus mediterraneus、 英名 Mediterranean horse-mackerel、 ポルトガル名 Carapau do Mediterrâneo、和名はありませんので、今ここで命名します。「地中海マアジ」。
もう1種は 学名 Trachurus picturatus、 英名 Blue jack mackerel、 ポルトガル名 Carapau negrão、これも和名がありませんので、命名します。「黒ニシマアジ」です。しかし、この写真はまだ用意できていないので、追っかけ記載したいと思います。
d0113817_0141438.jpg

d0113817_0133374.jpg

さて、「ニシマアジ」と「地中海マアジ」の識別ですが、これがケッコウ難しく、よく見ないと分かりません。
この種の特徴として、体側に「ゼンゴ」(稜鱗=りょうりん)という棘状の鱗がありますが、まずこれが微妙に異なります。
(写真上) ニシマアジの体側前方の稜鱗(幅が広く、数が少ない)
(写真下) 地中海アジの体側前方の稜鱗(幅が狭く、数が多い)
d0113817_0295877.jpg
d0113817_0302887.jpg

また、後頭部背鰭沿いの側線の長さが異なります。これは北東大西洋および地中海海域の4種類のマアジ全てにおいて異なっており、最も有効な同定部位だと思います。
(写真上) ニシマアジの後頭部背鰭沿いの側線は、ほぼ第二背鰭の終わりまで続いている。
(写真下) 地中海マアジの後頭部背鰭沿いの側線は、第一背鰭第8棘条下、あるいは第二背鰭第3軟条下までで終わっている。

ちなみに、アルガルベの定置網漁師もアジだけは日本語の「アジ」で覚えており、網内にアジがいる時は、「あじ・アジ・鯵~!!」っという叫び声が、耳に心地よく、船上に響きます。
[PR]
by mobulamobular | 2007-10-27 05:35 | | Comments(0)
<< ブルーフィッシュ バターフィッシュ >>