メジナモドキ
日本人にはメジナ擬(モドキ)かもしれませんが、ここでは逆に本家の「メジナ=Girella punctata」がいませんので、この和名もぱっとしません。
d0113817_572578.jpg

学名 Spondyliosoma cantharus、 英名 Black sea bream、 ポルトガル名 Choupa、 和名 メジナモドキ(?)
英名の"Black sea bream"ですが、直訳して「黒鯛」となりますが、日本のクロダイ(Acanthopagrus schlegelii schlegelii)の英名はFISHBASEなどでは"Black porgy"となっており、区別されます。
d0113817_5222193.jpg

定置網にはドサッとまとまって入ることはありませんが、周年漁獲される魚です。それだけメジャーな魚ではありますが、ポルトガル名"Choupa"の名前の由来は分かりません。少なくとも周辺の漁師や住民に尋ねたところ、皆目見当がつかない、との答え。手持ちの辞書では"Choupa"は「槍の穂先、両刃の斧、たがね、のみ」などとなっていますが、魚名との関係はありません。もっとも市販されている葡日辞書のほとんどが、ブラジル・ポルトガル語を基本としたものばかりで、しばしばポルトガルのポルトガル語とは異なりますので、ポルトガル人が辞書にある"Choupa"を知らなくとも不思議はありません。









______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2007-10-23 04:58 | | Comments(0)
<< バターフィッシュ "鯛鹿" >>