"鯛鹿"
「馬+鹿」ならぬ「鯛」と「鹿」でこの魚になります。
d0113817_2335114.jpg

学名 Diplodus cervinus cervinus、 英名 Zebra sea bream、 ポルトガル名 Sargo veado、 正式な和名は分かりません。
アルガルベ近海でよく獲れるDiplodus属の魚はDiplodus4兄弟に出てきた4種にこの1種を加えた5種類です。これらの種はポルトガル名では頭にすべて"Sargo"と付きます。
d0113817_5444296.jpg

今回のものは、はっきりした横縞模様が入っていることから、英名の"Zebra sea bream"=「縞馬鯛」はよく理解できるのですが、ポルトガル名の"Sargo veado"が何故"veado"=「鹿」なのかがよく分かりません。ポルトガルで野生の鹿を見たことは未だありませんが、まさか「縞模様」ということはないと思います。誰がいつ決めたのかは分かりませんが、まったく意味不明な名前を付けてくれたものです。

ちなみに、同じポルトガル語を話すブラジルでは"veado"は「鹿」ではなくなりますので、ご注意を。当サイトの品位を汚す恐れがありますので、詳細については割愛しますが、漢字で表すとこうなります(!?)。
「鯛釜」。
なんだか美味しそうな名前になってしまいました。







______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2007-10-21 01:43 | | Comments(0)
<< メジナモドキ ガンギエイ >>