PERIGO(危険!!)
d0113817_22244740.jpg

「桟橋は危険な状態ですので、立ち入りは規制されています…」
d0113817_4404922.jpg

定置網に限らず養殖場など、ある一定海域を占有している場所では、しばしば起きる事故です。
写真は定置網の道網の上にヨットが乗り上げ、立ち往生しているところです。
大きなキールが網とロープの間に挟まり、自力での脱出は不可能な状態です。
事故は双方にとってとても危険な状態になります。
ポルトガルの定置網はアルガルベの一ヶ統のみですので、地元の人たちは別としても、たまに定置網付近を航行する船には
周知が行き届いておらず、今まで毎年数件の事故が発生していました。
夜間標識灯は完備されていますが、その数を増やしたり、大きなものを使用するなど、いろいろ対策を講じてきましたが、
事故は一向に減りませんでした。そこで、今年は定置網についてのチラシを作成し、周辺のマリーナやフィッシングクラブに配布したところ、
なんと、今までのところ「事故件数ゼロ」となっています。

定置網の漁師も「夜勤」がなくなり喜んでいます。




飲んだら乗るのはやめましょう。
海図を買いましょう。
オートパイロットで寝ているのはやめましょう。
前を見ましょう。
小さな子供連れの際は特に注意しましょう。

楽しく行きましょう。

よろしく。
[PR]
by mobulamobular | 2007-10-10 06:32 | 定置網 | Comments(0)
<< PILOTFISH シビレエイ その2 >>