ササウシノシタ
そもそも「牛の舌」とか「犬の舌」とか、ぜったいに似ていないものを魚の名前にあてたところが納得できず、この名前は好きではありませんが、これも「日本の文化」なのでしょう。
d0113817_2328914.jpg

ササウシノシタ科(SOLEIDAE)の魚です。
学名 Solea lascaris、 英名 Sand sole、 ポルトガル名 Linguado da areia、 和名はありません。
英名、ポルトガル名に倣って「砂・ウシノシタ」とでも呼ぶことにしましょう。ポルトガル語の"areia"は「砂」のことです。容易に想像できると思いますが、海底の地質が砂のところに多く生息している種です。定置網には多くは入りませんが、時々漁獲されています。人気種で、大きなものでは40cmほどになります。美味です。
d0113817_2340791.jpg

この種の特徴ですが、無眼側の先端の鼻孔が大きく膨れ上がり、"rosette-shaped"と表現されています。文献によっては、この特徴を持つものを"Pegusa"グループとして分け、学名も"Pegusa lascaris"としています(e.g. Fishbase)が、ここでは"Fishes of the North-eastern Atlantic and the Mediterranean"の記載どおり、上記の学名を採用しました。
d0113817_23473060.jpg


ちなみに、ポルトガルではこの手の魚を一括して"Linguado(リングアード)"と呼んでいますが、これは"Lingua"という言葉の派生語で、この"Lingua"は「舌」という意味です。これも「ポルトガルの文化」なのでしょう。








______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2007-09-21 05:59 | | Comments(0)
<< "S" o... 空飛ぶ “サバ” >>