コバンザメ
この魚はよく見かけるのですが、今まではあまり気にもとめず、剥がしてはポイポイ海に捨てて(戻して)いましたが、漁師が気を利かせて写真撮影用に持って帰ってきました。今回のものは大きめのマンボウについていたそうです。
d0113817_5545430.jpg

学名 Remora brachyptera、 英名 Spearfish remora、 ポルトガル名 PEGADOR、 和名 クロコバン です。
"PEGADOR"はズバリ「ひっつくもの」という意味です。
d0113817_5593840.jpg

なんといっても背鰭が変化してできた頭部の吸盤がこの魚の売りで、何種類か存在するコバンザメごとにその形状や大きさが異なり、種の同定の際の判断部位となります。日本には昔、「小判」というものが存在したので、こういう名前がついたのだと思いますが、日本の文化を感じるよい一種です。今回は和名の「勝ち」です。
















______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2007-08-21 04:18 | | Comments(0)
<< RIA FORMOSA 地球温暖化 >>