タイリクスズキ ?
ポルトガルに来る前のこと、日本ではそれまで近海に生息するスズキは2種類ということになっていましたが、「タイリクスズキ」とか「ホシスズキ」とか命名された1種が追加されました。ことの真実は定かではありませんが、中国あたりから養殖用に輸入された種苗が海に逃げ出し居ついてしまった、いわゆる外来種で、海版の「ブラックバス」であるかのように聞いた覚えがありますが、これは別物です。先にご紹介した「ヨーロッパスズキ」の仲間です。
d0113817_4571171.jpg

学名 Dicentrarchus punctatus、 英名 Spotted seabass、 ポルトガル名 Robalo baila、和名は分かりませんので、「ユーラシア大陸スズキ」とか名づけておきましょう。ポルトガル名の"Robalo"はスズキのことで、 "baila"はダンス、踊る(動詞bailar)という意味です。ここからは勝手な推測ですが、このスズキもやはり他のスズキ類同様に、針にかかるとモーレツにファイトをし、「エラあらい」なども見せ、水面、もしくは水面下で「踊りまくる」のではないでしょうか。そんな行動から"baila"と命名されたのかもしれません。










______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2007-08-08 05:45 | | Comments(0)
<< ブラマ ブラマ 夏祭り >>