Diplodus4兄弟
タイ科(Sparidae)のディプロダス属の4種のご紹介です。いずれも日本にはいません。
ポルトガル名ではこの属の魚はすべて "SARGO(サルゴ) ~" と呼ばれています。まずはそれらの兄貴格となる、この属を代表する一種です。
学名 Diplodus sargus、 英名 White sea bream、 ポルトガル名 SARGO LEGITIMO、 和名 サルゴ です。
ポルトガル名の "LEGITIMO" というのは、 まさに「本物、正真正銘」という意味です。
d0113817_19161091.jpg

次は、これも印象に残る一尾です。以前にタイ4姉妹に出てきた "BICA" も「尖り」という意味でしたが、この魚も同じようにトンガッテいますので名づけて「トンガリ・サルゴ」ということになります。
学名 Diplodus puntazzo、 英名 Sharpsnout sea bream、 ポルトガル名 SARGO BICUDO、 正式和名はないと思います。
d0113817_1916529.jpg

続いて、サルゴの中では一番漁獲量も多く、最も庶民的な一種です。それもそのはず、学名においても「大衆のディプロダス」となっています。
学名 Diplodus vulgaris、 英名 Common two-banded sea bream、 ポルトガル名 SARGO SAFIA (MUCHARRA)、和名 アフリカチヌ です。ポルトガル名の"SAFIA"とは「粗野な」という意味で、まさに「かわいさ余って憎さ百倍」的に皆に愛されている証拠です。和名はこの魚の特徴をとらえているとは思えませんが、日本にはおらず、遠く離れたところの魚であることから「アフリカ」、クロダイに似ているので「チヌ」と思って名づけたのでしょうか。もう少し、考えてもらいたいところですね。
d0113817_19172465.jpg

最後に、この4種の中では最もまれな魚で、一見他の3種とは異なった形状に思われますが、これもDiplodusの一種です。
学名 Diplodus annularis、英名 Annular sea bream、 ポルトガル名 SARGO ALCORRAZ、 和名はありません。
尾鰭基部の黒帯を指しているのでしょうか、英名では学名同様、金環食(Annular eclipse)でおなじみの形容詞が付いて"Annular(環状の)sea bream(タイ)"となっています。また、4種を見比べてみると、この種のみ若干、金色にも見えます。
d0113817_19175384.jpg
















______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2007-07-30 14:50 | | Comments(0)
<< ヨーロッパスズキ 豚魚 >>