ままかり
ニシン科(Clupeidae)の魚で、日本の「サッパの仲間」です。
d0113817_1523588.jpg

お隣りのスペインでは"Alacha"と呼び、よく漁獲されているようですが、ここではあまり見かけません。
学名 Sardinella aurita、 英名 Round sardinella、 ポルトガル名 Sardinela lombuda です。
年に数度、特に5~6月ごろ急激に水温が下がった時などにまとまって定置網に入ることがありますが、現地では小骨が多いことや食べ慣れていないことなどの理由で食用にはなりません。私見ですが、イワシをあれだけたくさん食する人たちなので、この魚を口にしないわけは、たぶん後者の理由によるところが大きいと思います。
d0113817_15424789.jpg
この魚もアジ、ボラ同様、眼の膜、脂瞼(しけん)が発達しています。









ちなみに、ここのイワシはこんな感じです。日本のものに比べ、イワシの特徴である側面の黒点があまり目立たず、全体的に中葉以下のものが多いように思います。
d0113817_15545041.jpg

学名 Sardina pilchardus、 英名 European pilchard(sardine)、 ポルトガル名 Sardinha(サルディーニャ) です。

このサッパでも岡山県名産・「ままかり鮨」を作ることができるのでしょうか。一度食べてみたいものです。













______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2007-07-24 14:59 | | Comments(0)
<< 蜘蛛魚 若カンパチ >>