トードフィッシュ
和名はわかりません。日本にはいない種です。アンコウのような、イザリウオのような、カジカのような魚ですが、何れとも異なります。トードフィッシュというと、メキシコのコスメル島に固有種として生息する、カラフルな
コーラル(スプレンディッド)トードフィッシュが有名だそうです。こちらは地味で、ムツゴロウ並みに濁った水の中にいます。そこらの汽水域でも簡単に釣られたり、かご網にひっかかっていたりしますが、なぜか時に定置網にも入ります。ここら辺から西アフリカ・ガーナ辺りまでが生息域のようです。
学名 Halobatrachus didactylus、英名 (Lusitanian) Toadfish、ポルトガル名 Charroco(シャロッコ) です。
d0113817_0404187.jpg

アルガルベの魚類図鑑をアップデートしました。他の種、写真が見れます。
[PR]
by mobulamobular | 2007-07-17 16:49 | | Comments(0)
<< タイ五女(思春期) 「針」と呼ばれる魚 >>