ラージスケール スコーピオンフィッシュ
d0113817_23163133.jpg

学名:Scorpaena scrofa、英名:Largescaled scorpionfish、ポルトガル名:Rascasso、だと思います。
日本では近種でS.neglecta(イズカサゴ)やS.onaria(フサカサゴ)などがいますが、同種でも個体によって色彩に大きな違いがあり、種の同定はむずかしいです。5月に「魚顔」でフサカサゴとして紹介したものと同種で、今回のは大型となります。ポルトガルでは他にS.elongata(Slender rockfish)という種がいますが、生息数は少ないとされており、漁獲されるフサカサゴ類ではこのS.scrofaは一番メジャーな種です。背鰭に黒い斑点がありますが、S.onaria(フサカサゴ)の場合はメスの個体にはなく、オスにだけ見られる特徴です。S.scrofaでも同様なのか定かではありません。Fishes of the North-eastern Atlantic and the Mediterranean(Unesco)では黒い斑点についての記載はありますが、それが雌雄によって異なることについては言及していません。
[PR]
by mobulamobular | 2007-06-20 17:09 | | Comments(0)
<< カツオ3兄弟 ムラサキイガイ >>