トビウオ
d0113817_430489.jpg


いわゆるトビウオの一種で和名はハマトビウオ、英名はBennett's flyingfish、ポルトガル名はPeixe Voador、学名はCheilopogon pinnatibarbatus です。トビウオの仲間では最大級で、大きいものでは50cm近くになります。刺身、から揚げで美味。日本ではクサヤにしても一級品です。定置網には春から夏にかけて多く入りますが、漁師たちは特にこの魚をマグロの群れの「随伴魚」として毎年その回遊を注目しています。

d0113817_448137.jpg


d0113817_4483026.jpg


見れば見るほど、飛ぶのに適した体つきです。実際100m以上のフライトを何度も目撃しています。大きな目でけっこう愛嬌のある顔をしていますが、空中ではあまり視力は良くないのか、幾度となく飛んでそのまま船にブチ当たる光景も目撃されています。

d0113817_0262583.jpg


胸鰭のみならず、腹鰭でも風をとらえます。後ろから見るとまるで「ハリアー」の様です。
[PR]
by mobulamobular | 2007-06-06 04:31 | | Comments(0)
<< スマ マグロのヤケ >>