北欧食器が当たるかも!Xmas料理特集!
コルビナ

和名ではオオニベ、英名はMeagre、現地名はCorvina(コルビナ)、学名はArgyrosomus regiusです。
定置網では周年漁獲がありますが、特に春から初夏、そして秋に大きな群れでの入網があります。昔の定置網の記録には1日に5~6千尾の入網があったことも記されていますが、今の定置網にはそれほど大きな群れの入網はありません。定置網に入るコルビナの平均サイズは17~20kgほどで、大きなものでは50kg以上あるのもいます。魚体の小さいものはあまり入りません。これはサイズごとにコルビナが棲み分けを行っているためと思われます。クロマグロ同様、コルビナはこの地域において伝統的な魚種ではありますが、長年、マグロの陰に隠れて、それについて調べられるチャンスがなく、その生態はあまりよく知られていませんでした。しかし、近年、リスボン大学(Instituto de Oceanografia- FCUL, Portugal)の研究者によって調査が進められ、その生態が少しずつ明らかになってきています。それによると、コルビナは産卵のために大きな群れをつくり、浅瀬へと移動します。また、汽水域での活発な捕食活動も確認されており、河を遡上し、中には数キロもの上流までいくものもいるようです。また、「蛙」のような声を出し、お互いに鳴きあい、これがコルビナの産卵行動とどのように関係しているかを現在調査中とのことです。

コルビナはイシモチの仲間ですので、頭の中に大きな耳石を左右に一対持っています。これを使って年齢査定の調査も行われており、そのライフスパンも徐々に明らかになっていますが、既に推定年齢50歳以上のものも見つかっています。左下がコルビナの耳石ですが、大きさは3cmほどです。30kgほどのコルビナから出てきました。











実はコルビナは魚体が大きいせいか、ここでは定置網以外にはあまり漁獲されません。ですから、昔の定置網後、今の定置網が始まるまでの間は「幻の魚」とされており、なおさら、この耳石にも希少価値がありました。現地の漁師はそんなコルビナを漁獲すると、その幸運を海神に感謝し、その耳石を取り出し、金細工を施し(写真:右上)、お守りとして身につける風習があり、今では漁師以外の多くの人々の胸元にもきらりと光るコルビナの耳石を見ることができます。現地ではそれを〝JUIZO”(審判)と呼んでいます。

希少価値とされているのは当然耳石のみでなく、鮮魚としてのコルビナです。地元では大変人気のある魚ですが、なにせ数が少ないため漁獲されたその多くは直接レストランに行き、庶民にはなかなか食べるチャンスはありませんが、コルビナの頭の肉を使った「おじや」(Arroz de Corvina)は絶品です。人気はあるが数が少ない時、考えることはどこの国でも同じで、コルビナも近年盛んに養殖が行われるようになってきました。ポルトガルは若干立ち遅れていますが、フランス、スペインでは既に大量の養殖コルビナが生産され、ヨーロッパ市場に広く出回っています。しかし、コルビナは長生きする代わりに成長が遅いため、3kgほどに育った時点で出荷されていますので、市場では天然ものと養殖ものの違いは明らかになっています。

下の写真はコルビナの鱗で作ったアートフラワーです。知り合いのポルトガル人から戴いたものですが、昔はたくさんのこのようなアートフラワーの職人さんたちがいたそうですが、今ではその数はめっきり減ってしまったそうです。何れにせよ、コルビナもマグロ同様大切な海の資源であり、大切な海からの文化だと思います。











______________________________________________________________
■  [PR]
by mobulamobular | 2007-04-30 23:45 | | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://armacao.exblog.jp/tb/5296903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by manabis at 2008-07-28 00:33 x
コルビナ有り難うございます。早速いただきました・・・今回はペルー料理のセビッチェ(セビーチェ?)にしていただきました。白身魚にレモンORライムで〆てさっぱりマリネ風前菜・・・美味しかったです。お試し有れ~~。ellie waka
<< 海況測定 FARO(ファロ) >>