大葉
なぜだか知りませんが、ここで"シソ"を育てるのは至難の技です。日本からの種は、ことごとく没です。


d0113817_07141626.jpg


なぜだか分かりませんが、10年以上前に、スペインにいた知り合いから譲ってもらった種だけが育ちます。

そして、この"葉っぱ"があるだけで、何となく豊かな食生活を送っている気分にしてくれます。

これが、海外生活の面白いところです。





















m.




やはり、人間にとって旨いものは、鶏にとっても旨いらしいです。しかし、そこまで"お人好し"ではありません。
[PR]
by mobulamobular | 2017-08-05 02:31 | 自然 | Comments(2)
Commented by efendi at 2017-08-07 21:44
同じく、シソの栽培に何年も失敗経験があります。
なぜか春菊だけは恐ろしく繁殖、でもたった一年間で終わったのか太く枯れた幹から緑が復活するのを待ち続けてます。
シソはもしかしたら日本にある種類のものは何か違うんでしょうかね。。。
Commented by mobulamobular at 2017-08-08 02:31
シソにはたくさん種類があるそうで、やはり、"種"だと思います。その土地との相性の良し悪しで決まるのではないでしょうか。ウチのシソは、何もしません。"気がついたら出来ていた"って感じです。春菊もよいですね。
<< 青空と階段と西陽 魚屋 >>