日曜の昼に残りものをのっけてラーメンを食う時
たかが1時間、されど1時間です。

携帯電話の"タイムゾーン"がレイキャビクになっていたのは知っていたのですが、レイキャビクはリスボンと同じGMT(グリニッジ標準時)と表示されていたので、そのままにしておいたのですが、今朝、一瞬、世の中が分からなくなりました。

つまり、アイスランドはサマータイムは実施しておらず、1年中、日本との時差が9時間なのです。

d0113817_03453738.jpg

これにより、軽い"時差ボケ"状態となり、朝未だ10時だと思ったらもう11時だったり、12時に昼食は早過ぎるような気がして13時まで待ったり、夕方そろそろ暗くなると思ったらもう1時間も明るかったり、今日1日"アイスランドのせいで"調子が狂いサマータイムに乗り遅れてしまいました。























m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-03-27 04:05 | ポルトガル文化 | Comments(0)
<< 3月をやり過ごすにあたり ミッシェル >>