大晦日の出来事から
いつもの牡蠣です。天然ものですので、大きさがまちまちです。

d0113817_6153383.jpg



牡蠣は殻頂辺りをナイフの先でこちょこちょっと擽ると開きます。ふつう、貝柱のある付近にナイフを入れて貝柱を切って殻をむく方法を見聞きしますが、ここの天然牡蠣は歪な形が多く、貝柱付近が波打ってたりしてナイフが入りづらいケースが多くあります。しかし、大きな個体でも殻長があるものは比較的むき易いのですが、殻高の長いものはちょっと時間がかかります。

こんなものが大晦日の晩に届いたものですから、新年、初仕事は牡蠣の殻むきでした。














m.
[PR]
by mobulamobular | 2017-01-11 03:29 | 生き物 | Comments(0)
<< 生きとし生けるもの 今度は横から >>