インフラストラクチャー
ポルトガルでも、日常、"当たり前のように"電気が使われています。しかし、最近は停電も少なくなりましたが、それでも時々、電気が来ないトラブルに見舞われます。

d0113817_3102529.jpg


トラブルの多くの原因は、"規制"によるものです。新規に電気を引く場合など、やたらに検査や許可が必要で、中には、工事許可申請をするための許可とか、やっとのことで検査をクリアしたと思ったら、今度は使用許可申請が必要で、再び検査があったりとか、とにかく意味不明なことが多いのが実情です。

また、そんなですから、役人や電力会社のスタッフが足りないのか、通常検査には3~4ヶ月、あるいはそれ以上待たなければなりません。これは電気に限ったことではなく、他のインフラにおいても同様の風習となっています。とても、複雑なシステムです。



















m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-10-12 05:22 | ポルトガル文化 | Comments(0)
<< 天候のノーマル化 誤算 >>