スペイン風
遠くから聞こえてくる大きな声はスペイン語、と相場は決まっています。

d0113817_4304168.jpg


ポルトガル語がモーモー言っている風に聞こえるのに対し、スペイン語はキーキー言っているように聞こえてしまいます。モーモーに慣れると、キーキー声はちょっと気にさわります。一方、同じポルトガル語でもブラジル人の喋りはジージー言っているように聞こえてしまい、元祖ポルトガル語スピカーとしては、先輩風を吹かすことになります。


















m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-09-08 05:05 | ポルトガル文化 | Comments(0)
<< 夕日の空に灰色の雲が立ち込める訳 コルクの厚底サンダル >>