願う日
誰による仕業かは分かりませんが、今では、平和を願う日と解釈しています。

d0113817_5145122.jpg


未来のために、次世代のために、子供らのために、日常の生活を尊ぶのだと思います。この国のやさしさがここにあります。



















m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-08-16 05:52 | ポルトガル文化 | Comments(0)
<< カミナリ 搬入作業 >>