人生の扉
やっと、牢屋の扉が、ちょっとだけ開いたような気がしています。

d0113817_430226.jpg


"気がつけば五十路を 越えた私がいる
信じられない速さで 時が過ぎ去ると 知ってしまったら
どんな小さなことも 覚えていたいと 心が言ったよ"














m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-04-08 04:40 | 戯言 | Comments(0)
<< 探検 細目 >>