マイルカ
ごまんといます。特に春から夏にかけて、時に大きな群れで沿岸に接近して来ます。それ以外の時季においても、やはり、高水温域を好んで泳いでいるようで、水温の上昇とともに姿を見ることが出来ます。

d0113817_0475010.jpg


学名 Delphinus delphis、 英名 Short-beaked common dolphin、 ポルトガル名 Golfinho-comum-de-bico-curto、 和名 マイルカ。

近種に同属(マイルカ属)の、ハセイルカ(Delphinus capensis)がいるのですが、それとの違いが微妙なのです。まず、船の上から見た飛んだり跳ねたりしている姿だけでは、見分けは出来ないと思います。かといって、潜って見てもよく分からないと思います。ハセイルカは、一応、文献等には、北大西洋および地中海には生息しないことになっていますが、だから、この写真のイルカは「マイルカ」だ、というのではちょっと面白くないと思います。
[PR]
by mobulamobular | 2015-12-10 04:09 | 生き物 | Comments(0)
<< 潜水しながら網の修繕 To walk in his way >>