プライバシー
カメにも"プライバシー"があると思います。

今年、2尾目のオサガメの入網です。

d0113817_362644.jpg


d0113817_382467.jpg


d0113817_3926100.jpg


d0113817_3103282.jpg


一番上の写真ですが、この網の目合いは9cmですので、このオサガメの甲長は、おおよそ1.5mであったと推定できます。
[PR]
by mobulamobular | 2015-07-26 03:49 | 生き物 | Comments(2)
Commented by kimiyasu-k at 2015-07-28 01:58
見事な姿ですね。昔名古屋の水族館を計画した際に,カメの研究者であった内田至先生が海中を時速60KMで泳ぐオサガメについて熱く語っていたのを思い出しました。オサガメの飼育ができないだろうかと、産卵用の砂浜をもうけた回遊式のドーナツ水槽をつくりその後,赤,青海カメの繁殖は見事に成功したようです。が当初のオサガメ飼育という夢は実現しませんでした。とはいえ,こんな姿を見ると,やはり生き物は本来いるべきところに居るのが一番ですね。グルグル回りの回遊水槽では寂しいです。一度,海を泳ぐオサガメを見たいものです。
Commented by mobulamobular at 2015-07-28 05:42
kimiyasu-kさんへ。気持ちよさそうですね。後ろ姿も、まんざらでもないと思いました。推進力は巨大な前肢(鰭)で得て、後脚は舵のようなバランスをとる役目と、両後脚と尾との連なりは、ディフゥーザーのような形状となり、より安定的に、かつ水流をサラッとやり過ごして推進力を増す働きをしているようにも見えました。イルカ・クジラやサメ類や魚にはない、とても上等な遊泳システムです。また、どことなく、スキーのジャンプ選手の"後ろ姿"を連想させるようにも思いますが、飛行機にも応用できないでしょうか。もし、飛行機にこのシステムを導入できたら、きっと1,000人乗りの飛行機が実現するような気がします。
<< 今日のお客さん 近所のバリケン >>