うに
2~3年前の"夏"に撮った写真です。

学名 Paracentrotus lividus、 英名 Purple sea urchin、 ポルトガル名 Ouriço-do-mar、 和名 ヨーロッパムラサキウニ、だと思われます。

d0113817_4585234.jpg


網抜き作業の際、網と一緒になって定置網船に上がって来たものです。アルガルベ定置のある海底は砂地です。潮に流されて来たのか、自力で海底を這って移動して来たのかは、不明です。

ポルトガルでは、ほとんど食用としての需要はありませんが、スペイン業者が買い漁っているという噂も耳にしています。
[PR]
by mobulamobular | 2015-05-22 05:14 | 生き物 | Comments(2)
Commented by いずみ at 2015-05-28 07:36 x
こんにちわ、リスボンは暑いです。エリセイラでウニ祭りが開催されたそうです。これから養殖に力を入れるのだとか、楽しみです。アルガルヴェではナマコの養殖もしてるって、ニュース報道がありましたが、輸出までできるんでしょうか?ww
Commented by mobulamobular at 2015-05-29 05:17
いずみさんへ。エリセイラのウニ養殖の話は、聞いたところによると、"ウソ"だそうです。"気持ちはあるが、需要がない"と言ったところだと思います。アルガルベのナマコの話も、信憑性が薄いです。これも、経済を無視しての話です。残念ですが、現状、ポルトガルの水産業には進展はありません。"これから"に期待しましょう。別件ですが、Blue Business Forumに出展します。時間があれば、ぜひ見にきてください。
<< Balistes capriscus 小舟 >>