Rio Tejo
日本から大切なお客さんが来ましたので、久しぶりにリスボン泊です。

d0113817_358212.jpg


テジョ河のほとりのホテルからの眺めです。英名は、"Tagus River" と言うそうです。全長はおおよそ1,000kmで、イベリア半島では最長の河となります。源流はスペインです。そして、河口はポルトガルのリスボンです。河口域では、河幅は広がり、湾のように見えます。そこに、ヨーロッパ一長い、全長17.2kmのヴァスコダガマ橋(Ponte Vasco da Gama)が架かっています。

たぶん、ここも、コルビナなどの魚にとっては、産卵など、とても大切な生息域なんだろうな、と思います。
[PR]
by mobulamobular | 2015-01-22 04:50 | ポルトガル文化 | Comments(0)
<< 雨の日のサンライズ アカアシシギ >>