テンポ
時間についての概念が異なるところでの価値観の共有は難しいと思います。このことは、人間関係においても同様です。特に、ポルトガルをはじめ、いわゆるラテン系諸国においては、その傾向が顕著なのではないでしょうか。一方、これもひとつの特性と割りきれない点が、生来的に日本人にはあるようで、より問題を難儀にしていると思います。

そんな「テンポ」の違いを克服するには、その場所や相手を享受することです。あるいは、許容することです。

d0113817_4371111.jpg


しかし、実際は、そんなことは人から言われなくたって分かっていることなのですが、どうしたって無理なのです。


日本人には認められなかった船も、毎日見ていると、だんだんと美しく見えてくるものです。未だ、乗ってみようかなという気にはなれませんが、その内に、という気にはなっています。あとは、こっちの寿命の問題です。
[PR]
by mobulamobular | 2014-12-18 03:44 | 戯言 | Comments(0)
<< 告げ口 ワンズ・アイズ 20 >>