海外生活
通算22年くらいになります。楽しい「海外生活」の話です。

ガキのころから、理由などなく、ただ単に憧れて、それが現実のものとなり、今に至っています。ですから、メインはこちらの方で、仕事については二の次というのが正直なところです。

よく日本からの訪問者に、「海外生活、たいへんですね」とか、「いろいろご苦労されているんでしょうね」とか、「外国人との仕事じゃ、むずかしいことがたくさんあるでしょ」とか、質問されるのですが、そんなことは、「海外生活」に限ったことではなく、日本国内でも同様、あるいは"もっと厳しい"のでは、と思うのですが、しかし、相手が日本人の場合、こういう返答では、相手が満足しないので、「そうですね」とか、適当なことを言ってお茶を濁すことが多くなっています。つまり、いちいち真面目に返答して、なおかつ疑いの目で見られることが面倒だからです。

また、「食事はいつも何を食べているのですか」とかいう質問もよく受けます。そして、この後必ず、日本食の話となり、食材がないからというと、「なんだ、言ってくれれば持ってきたのに」とか、「次回は持ってくるから欲しいもの遠慮なく言ってください」とか、いろいろ優しい言葉をかけてもらうのですが、「日本食にはあまり執着しておらず、こちらの食べ物を楽しんでますので」とか答えたいところですが、これも見え見えで相手が満足する返答ではないので、「嬉しいです。じゃ、遠慮なく、何をたのもうかな〜」とか、心にもないことをいうケースも多くなっています。

d0113817_4184243.jpg


ワインを飲んでいると、「たまには、日本酒や焼酎が飲みたいでしょ」とかは、完璧な勘違いです。

上の写真のワイン、ポルトガルでは有名で、価格も安く、そこら中で売っているものです。聞くところによると、最近は日本でも、比較的容易に手に入るそうですが、土産物ならいざ知らず、日本でこれをわざわざ買ってまでして飲みたいとは思わないのです。なぜならば、日本では、酒を飲みたければ、日本酒や焼酎を飲むからです。

しかし、日本社会では、こういうこと言うと、アウトローになってしまうのです。悪い話ではありませんが、日本人は日本が一番、と思っているのです。
[PR]
by mobulamobular | 2014-08-15 03:36 | 戯言 | Comments(4)
Commented by chie at 2014-08-15 19:36 x
これは全部大拍手!読んですっきりしました。私達は”日本のものは今や何でもこちらで手に入るのでおみやげは不要だ”とお断りするのですが,何とか屋さんの多重包装の洋菓子!佃煮!インスタント食品! などなど わんさか来て、軽いものは,再び飛行機に乗って東京に帰ります。
日本の方には,こちらの暮らしがいかに辛いか 日本の生活は素晴らしい 日本のごはんは美味しい と言わないと,不機嫌になってしまうので,どっちらけの会話をして疲れます。こっちのせい なのでしょうけど,,,
まあ,もうちょっと肩の力を抜いて, (自分が)楽しく生きればいいのに なんて罰あたりな発言したくなります。
Commented by mobulamobular at 2014-08-16 04:59
chieさんへ。日本からの訪問者がすべてガキのころからの知り合いではないので致し方ありませんが、海外生活と聞くとすぐに疑心暗鬼になる人の割合があまりにも多いと思います。それくらい、日本とか日本の生活に対しても疑心暗鬼になればよいのにと思いますが、そっちは信じ切っている様子です。
土産については、ふつうに持参してくれるものについては、いつも有り難くいただいています。しかし、中には「いつも、ろくでもないものばかり食っているのだから」みたいに、メチャクチャ日本人的な考えを持参する訪問者の数も、また多いです。それくらい、いつも日本で口に運んでいる食べ物のことを真剣に考えてみればよいのにと思いますが、そっちのことを気にしている様子はありません。
とは言え、皆んなが考えを改めて海外生活を始めたら、こっちの海外生活の意味がなくなるので、いつも”黙って”いることにしています。
Commented by 田中 一 at 2014-08-20 18:08 x
これは、グリーンワインと言うのですか?
日本ではあまり見る事ができず、一度実家で口にしました。
アリガトウございました。
先日、マデイラワインを楽しみました♫
ポルトガルの雰囲気の中飲みたいと思いました!!
Commented by mobulamobular at 2014-08-21 03:53
田中一さんへ。はい。ポルトガル語では、"Vinho verde"(ヴィーニョ・ヴェルデ) と言います。マデイラワインが好きで、マデイラでマデイラワインが飲みたければ、マデイラに行きますか。気に入れば、一生マデイラで暮らせるように手配します。
<< 聖母被昇天祭 Yellow One >>