風見クレーン
とっても、ポルトガルらしい天気が続いています。快晴で、太陽はサンサンと降り注ぎ、さぞかし暑くなるかと思いきや、北西からの心地よい風が、カラッと辺りを爽やかにしてくれています。

近所では、海岸線(川沿い)で、周囲の景観とは完全にミスマッチなアパートの建設が続いていますが、最近は、資金が底をついたらしく、工事は滞っている様子です。それに伴い、"クレーン"は、ずっと同じ方向を向いています。

d0113817_3455758.jpg


ということは、風向きがずっと同じということです。

以前は、ちょっと、忌々しく思っていたクレーンも、今では、毎朝、風向きの確認で重宝しています。ものを吊り上げるブームの長い方が、風下になります。よって、上の写真ですと、右側が海になりますので、風は丘から海に向かって吹いている、つまり北西風ということになります。

上述のように、この5月は典型的なポルトガルの天気となっていますが、北西風によって、魚が沖へと離れてしまい、いまいち、漁がパッとしません。

天気予報では、明日より、この「風見クレーン」が、180度回転することになっています。
[PR]
by mobulamobular | 2014-05-14 04:28 | 気象 | Comments(0)
<< 夕飯の残り 網換え >>