コンピューター
漁船に、「コンピューター」です。今年からの新ルールで、また障害だと思います。

d0113817_533474.jpg


目的は、12m以上の漁船はすべて、コンピューターを船に搭載し、GPS装置と接続させ、リアルタイムで水産局が、漁船の位置を確認できるようにすること、だそうです。

残念ながら、これで、9m以上の船を、気合を入れて、造ろうとしていた漁師らも、12m以下にせざるを得なくなりました。あるいは、漁業に見切りをつける船首さんもいるかもしれません。

上の写真は、定置網船の操舵室ですが、コンピューターの他、その下にはプリンターまで載っています。これもルールのうちで仕方のないことですが、使う当てのないものです。何れにせよ、塩、濡れた手、振動等、1年は持ちますまい、と思います。

どうして、こんな風になってしまうのか、ふつうの人には理解不可能です。
[PR]
by mobulamobular | 2014-04-09 04:31 | ポルトガル文化 | Comments(0)
<< 豊作 7時15分 >>