カガミ
今月中旬の時化以降、穏やかな天気が続いています。今朝は、沖にちょっと雲が出ましたが、凪で、海は「カガミ」の状態でした。

d0113817_5165983.jpg


「カガミ」は、当然、"鏡" のことですが、これも、ポルトガル人の前では言うのが憚れる言葉のひとつです。これを聞いたポルトガル人は、必ず、笑うか、呆れるかのどちらかの反応を示します。

つまり、"Cagar = 糞をする、 me = 私に"、 とかいうことから、ご理解ください。
[PR]
by mobulamobular | 2014-03-26 05:35 | 気象 | Comments(2)
Commented by kimiyasu-k at 2014-03-26 06:09
今気が付きました.イタリア語もカーガミcagamiと言えば,同じ意味です.ちなみにイタリア語では「油のように滑らか liscio come olio」 と言うのですが,ポルトガル語でも油ですか?
Commented by mobulamobular at 2014-03-27 05:08
kimiyasu-kさんへ。「カガミのような」は、たくさんあります。まず、ここに来て、最初に聞いたのが、"bonança"で、日本でいうところの"台風一過"になります。これに対して、"嵐の前の静けさ"を、"olhos de boi" (雄牛の目)といいます。また、単に、"平らな海"という意味で、"mar chão" とか "mar direto" ともいいます。それに、比喩的には、"錫を溶かしたような" ということで、"mar estanhado"とか、同じく"鏡のように" ("mar espelhado")ともいいます。しかし、残念ながら、"油のように" とはいいません。
<< 無駄な動き 試行錯誤 >>