ヤツメウナギ
「ヤツメウナギ」といっても、ウナギとは、まったくの別ものですので、「ヤツメウナギ」という名前自体が、"偽装表示"とかいうことにならないのか、ちょっと疑問に思います。

d0113817_6293427.jpg


さて。先日、「ヤツメウナギ」がいたぞというので見に行くと、バケツの中に、全長20cmほどの小さな個体が泳いでいました。

d0113817_638425.jpg


写真撮影のために、水から出すと、ピチャピチャ跳ねまわり、よくは撮れませんでしたが、7対の鰓孔を確認することができました。この片側7つの鰓孔が、"7つ目"となり、本ものの目と合わせて、"8つ目"ということらしいです。

d0113817_7121657.jpg


学名 Petromyzon marinus、 英名 Sea lamprey、 ポルトガル名 Lampreia marinha、 和名 ウミヤツメ、 です。

ようするに、この「ヤツメウナギ」は、河に遡上して産卵・孵化するそうですが、通常は海に生息しています。一方、河に生息するタイプ(Lampetra fluviatilis)も存在します。どちらかと言えば、ポルトガルでは、後者の方が有名で、""Arroz de Lampreia"(ヤツメウナギのリゾット)という郷土料理もあります。

d0113817_22314976.jpg


ウミヤツメは他の魚に寄生しますので、米国・カナダでは完璧な嫌われ者だそうです。脊椎動物ですが、顎のない"円口類"に属します。この円い口が吸盤となり、他の魚にくっ着き、そこから吸血します。ちょっと、気味の悪い魚と思うかもしれませんが、それでも古代から生き続けている1種で、人間の大先輩です。
[PR]
by mobulamobular | 2014-03-24 05:26 | | Comments(2)
Commented by いずみ at 2014-03-29 00:31 x
でた~!私、ランプレイアは地球上の生き物とは思いがたいんですけど・・・あの口がとっても苦手、ましてやこいつの血の入ったリゾットは唯一食べられないポルトガル料理です(苦笑)リバテージョ在住のうちの姑たちは好きなんですって・・・うう。
Commented by mobulamobular at 2014-03-29 07:36
いずみさんへ。気持ち、分かります。コイツが大きくなると、けっこうグロテスクですね。食い物として考えるとダメですが、"古代生物"としてだと、とても興味深い形態だと思います。
<< 試行錯誤 2014年網入れ作業 >>