Évora
Évora(エヴォラ)は、ポルトガルの首都・リスボンから東へ約130kmほどのところにある、世界遺産にも登録されている街です。

そこに、サン・フランシスコ教会(Igreja de São Francisco)があり、その中に人骨堂(Capela dos Ossos)はあります。

d0113817_535817.jpg


d0113817_544065.jpg


16世紀に出来た人骨堂ですが、入口には意味深長な言葉が記されています。

" NOS OSSOS QVE AQVI ESTAMOS PELOS VOSSOS ESPERAMOS "
英訳では、"We bones, are here, waiting for yours." となり、和訳すると、「我々(人骨)は、ここであなたを待っている」、といった感じの意味になります。

d0113817_5773.jpg


気味が悪いと思うかもしれませんが、これはお化け屋敷の看板とは異なり、「明日は我が身」、「死は誰にでも訪れるもの」ということで、「人生ははかないものです。今を大切に生きましょう」的な、死者からの、なんとも有難いメッセージとなっている、とのことです。
[PR]
by mobulamobular | 2014-01-04 04:57 | 戯言 | Comments(0)
<< 馬と会う 自戒 >>