Dentex canariensis
前回の "Dentex dentex" にまつわる四方山話です。

Dentex dentex の種の同定を図鑑を用いて行った際、ある漁師から、これは 「Dentex canariensis ではないか」という意見があり、それで思い出しました。調べてみると、これも以前に、同じ「2007年5月」に入網していました。その時の写真です。(拡大できます)

d0113817_3212887.jpg


「学名 Dentex canariensis、 英名  Canary Dentex、 ポルトガル名 Dentão quissanga、 和名 定かではありません。」、 と記事にしたことがあります。

しかし、この種の同定が未だはっきりせず、新たな個体の入網を首を長くして待っているところです。

d0113817_3331593.jpg


あくまでもこのブログは"素人の意見"であることを前置きしておきます。
「背鰭が、後方のものに比べ極端に短い2本の棘で始まっている」、「背鰭後方のスポットマーク」、「尾鰭の後縁が黒色」、「眼から口吻にかけてドナルドダックの嘴のように反っている点」、「図鑑等による棲息域」から、これを "Dentex canariensis" と判断しました。でも、当然、他の種である可能性も十分あります。

今となっては、この個体自体を調べなおすことは不可能ですので、次の個体に満を持します。

d0113817_484973.jpg


そして、「たぶんこっちの種であろう(上のイラスト)」、という意見もあります。でも、眼の大きさ、というか位置が異なるように思います。 "Dentex canariensis" の眼は、上顎の後端上部より後にあり、上のイラストのものは、それよりも前方にあるように思えます。でも、もし本当にこの個体が上のイラストの種であった場合、この個体は南半球から、はるばるポルトガルまで来たことになります。よって、こっちの方が、"ニュース"です。

d0113817_3593280.jpg


これについては、間違いないでしょうか。
[PR]
by mobulamobular | 2013-10-16 02:17 | | Comments(0)
<< ソウダガツオ 2013 Dentex dentex >>