犬が渡る - Dog crossing
アフリカ・ケニアでは、目の前をカバが走り抜けましたし、アリクイやコブラの横断にも注意が必要でした。フロリダでは、"CROCODILE CROSSING"(ワニの横断注意) の看板を見かけました。日本でも、クマやシカやサルの出没注意の標識を、田舎に行くと時々目にします。

そして、ここでは何の看板も標識もありませんが、航行時には、皆んなが気をつけています。

d0113817_4473091.jpg


Ria Formosaを、ときどき犬が泳いで渡っています。彼らも人間と同様、夏休みになるとビーチが恋しくなるのかもしれません。

写真中央、ポツンとですが、犬の頭が見えています。

海も河も山も人間だけのものでじゃない、というのが感想です。
[PR]
by mobulamobular | 2013-08-13 05:38 | ポルトガル文化 | Comments(0)
<< アトランティック・サーモン ハート >>