追い込み
いわゆる"レバンテ" とは異なりますが、時化はこの時期としてはめずらしく3日間続きました。しかし、南東からの波がおさまった訳ではありません。今朝も、バッシャン、バッシャンいいながら沖に行って、逃げるように帰って来ました。

d0113817_256138.jpg


南東の空が霞んでいます。沖で未だ強い東風が吹いている証拠です。

そして、ついに今年初めて表層水温が20℃を突破。今朝は21℃となりました。一気に4℃も上げてきました。これで、帳尻を合わせ、ビリを免れることになりそうです。

何れにせよ、この6月も、また興味深い月でした。
[PR]
by mobulamobular | 2013-06-30 03:17 | 気象 | Comments(0)
<< 漁師という職業について Thunnus thynnus >>