2013年6月の水温
6月13日に今年初の真夏日となりましたが、また明日から2~3日、日中の気温が20℃ちょっとと冷え込みそうです。水温は相変わらず低い値で推移しています。

d0113817_032918.jpg

上のグラフは6月の表層水温を示したものです。縦軸が水温、横軸が日付です。1997年(ピンク)、2007年(黄色)、2009年(青色)、2012年(緑色)、そして今年2013年(赤色)です。各年の6月の平均表層水温は、1997年(16.69℃)、2007年(16.40℃)、2009年(18.52℃)、2012年(16.74℃)、そして今年2013年16日まで(15.94℃)となっています。

1996年から2012年まで過去17年間の6月の平均表層水温は18.63℃ですので、上記の内、2009年は"平均並み"であったと言える年です。一方、1997年、2007年、2012年は、過去の6月の平均表層水温が、最低からの"ベストスリー"となります。

もう分かるように、今年2013年は16日までの平均表層水温(15.94℃)が、過去の"ベストスリー"を下回っています。ちなみに1997年6月16日時点でも17.21℃、2007年6月16日時点では16.20℃、2012年6月16日時点では16.04℃でしたので、やはり今年の6月は「やけに寒く、やけに冷たい年」なのです。

しかし、通常、これからは徐々に気温も水温も上昇する時期ですので、平均をとる意味でも、これから後半は2009年(青色)のような "盛り上がり" に大いに期待したいところです。

と、自然がそんな思うようにはいかないことを未だに理解できずにいます。
[PR]
by mobulamobular | 2013-06-17 01:40 | 気象 | Comments(0)
<< Sepia officinalis Cheilopogon pin... >>