Sepia officinalis
網と一緒に海面下に揚がって来て、あわてて耀った色に変化したところと思われます。

d0113817_5461773.jpg


学名 Sepia officinalis、 英名 Common Cuttlefish、 ポルトガル名 Choco-vulgar、 和名 ヨーロッパコウイカ です。

d0113817_5474529.jpg


定置網にはあまり入りませんが、生息数は多く、ここらではもっともポピュラーな釣りのターゲットです。

寿命は、やはり、1年ほどです。
[PR]
by mobulamobular | 2013-06-18 02:51 | | Comments(2)
Commented by O&クロ at 2013-06-18 16:50 x
コウイカ、うちの方でも良くつれます。
以前は、ラグビーボールくらいの大物がかかったのですが、
近年はコロッケサイズばかりです。
船では大きいのが獲れているようなので、
数年前の大嵐で岸近くの地形とか砂の質が変わったのが影響しているみたいです。
Commented by mobulamobular at 2013-06-19 04:04
O&クロさんへ。そうですか。砂場は人為的な影響のみならず、波や潮による浸食で海底が変化しますから、棲息する生物の種類も変わりますね。でも、コウイカはコロッケサイズくらいが、一番美味しいと思いますので、今の状況、OKですね。
<< Seriola dumerili 2013年6月の水温 >>