Dicentrarchus punctatus
いわゆる「ユーラシア大陸スズキ」です。

d0113817_2594581.jpg


学名 Dicentrarchus punctatus、 英名 Spotted seabass、 ポルトガル名 Robalo baila、和名 ユーラシアタイリクスズキ、です。

なにせ、数が少ないので何とも言えません。定置網には年間数尾の入網があるだけです。Sarda sardaと同様に、緑系の魚です。

全長37cm、体重350g、でした。小さくても、かなりのプレデターです。自分の体の半分以上の大きさの魚でも喰らいつきます。
[PR]
by mobulamobular | 2013-04-21 05:43 | | Comments(4)
Commented by obakappu at 2013-04-21 19:05
すごく新鮮ですごくおいしそうだ。

スズキ科のスズキですもん、そりゃなんでも食いつきますよね。
Commented by mobulamobular at 2013-04-22 05:27
ぷーままさんへ。この時点での鮮度はよいのですが、流通時の鮮度低下が問題です。だから、流通前に食べるしかありません。スズキ、美味しいですね。
Commented by obakappu at 2013-04-25 08:06
パリで生け花のように氷のバケツに頭を突っ込んで売られている写真を見ました。(体は空中)
そういう流通ですね。
Commented by mobulamobular at 2013-04-29 01:30
ぷーままさんへ。こっちは、刺身で食べることを前提とした鮮度ですから、刺身で食べない人たちには必要のない鮮度となるかもしれません。何れにせよ、彼らには未知の味です。日本人にもいませんか、腐りかけが旨いとかいう人。
<< Raposa ラック・アンド・ピニオン >>