湧昇流
つまり、NAOが負で、北極域の気圧が高く、その分、アイスランド低気圧アソレス高気圧が南に下がることによって、イベリア半島には、連日、北西風が入り込み、これにより「湧昇流」(upwelling)が起こり、急潮が行き、水温は下がり、気温も上がらない、ということのようです。

d0113817_6433037.jpg

これが、「湧昇流」です。網が早い潮の流れで"吹かれて"います。これでは、網型が保たれず、魚も思うように入ってくれません。また、栄養豊富な深海からの水は、浮遊物が多く、透明度は低下します。

d0113817_6484153.jpg

魚探にも、その様子が写ります。これは道網を見ているところですが、同じく早い潮流によって、網が吹きあがってしまっています。これでは、魚が止まらず、通り抜けて行ってしまいます。

こんな時も、定置網は、待つしかありません。「湧昇流」がおさまるのを、待つのみです。




















そろそろNAOの値が一転して大きく「正」に振れることが予想されています。チャンス到来、となりますかどうか。
[PR]
by mobulamobular | 2013-04-14 06:38 | 気象 | Comments(0)
<< ポルトガル・ラリー PEN >>