カゴ網
クラフトの家の漁師は、カゴ網漁もしていた、ものと思われます。このカゴ網を地元では、"Murejona" と呼んでいます。意味は不明です。主にワタリガニ、あるいはリングアードとか、シャロッコなどを獲っていたのだと思います。
d0113817_6501982.jpg

後ろには、彼の船と、法令遵守の国旗が見えます。しかし、家の前には、「船売ります」の看板が出ていました。
d0113817_721366.jpg

魚価低迷、増税、ガソリン代高騰、市場口銭値上げ、各種手数料値上げ、一層の規制と取り締まり、等々の理由により、漁師をあきらめるケースが増えています。

こういった状況ですから、本当に、漁業に未来はない、のかもしれません。
[PR]
by mobulamobular | 2013-03-22 04:51 | ポルトガル文化 | Comments(2)
Commented by obakappu at 2013-03-22 07:53
かなり何回か見直して、扇風機じゃなくて籠だと気づきました。
どこの国も、政府は民衆を助けてはくれませんね。
(大企業は民衆には入らないようですが)
Commented by mobulamobular at 2013-03-23 03:44
ぷーままさんへ。このカゴ網は、本来は横にして使っています。「助け」など、もっと先の話で、今は「攻撃されている」状態です。ただ「自由」にやらせればよいだけだと思いますが、いろいろあって、徴税し易いのでしょうね。
<< 3月の水温 スギ >>