教会
地元Olhãoの教会です。こちら側が裏になると思うのですが、メイン道路に面しています。
d0113817_6302595.jpg

そして、反対側。こちらが教会への入り口です。
d0113817_6321051.jpg

教会から南に歩いて行くと。
d0113817_6371484.jpg

その角に小さな花屋があります。
d0113817_6375456.jpg


この教会は1783年に建てられたようです。あの地震から28年後、ようやっと建ったOlhãoの復興のシンボルだったのかもしれません。

一方、東日本大震災から2年。こちらは、まだ何も終わっていません。
[PR]
by mobulamobular | 2013-03-11 04:09 | ポルトガル文化 | Comments(2)
Commented by obakappu at 2013-03-11 17:11
時間のかかることです。
おまけに、ただ時間だけ必要な地域もある・・・

この惨状を見聞きしてもまだわからない人がたくさんいて驚くばかりです。
Commented by mobulamobular at 2013-03-12 04:25
ぷーままさんへ。これが、「復旧」ではなくて、「復興」であること、ですね。「復興」とは、被災した地域が「元気を取り戻す」ことですので、イライラさせることは禁物だと思います。スパッと、ウルトラCで、できないものでしょうか。
<< 星飛雄馬のように 記憶にない >>