側張り
今日は新しい「側張り」作りの作業です。定置網の"メイン・フレーム"となります。これは「ワイヤー30mm エビスクラッド Tロープ」です。つまり、被覆加工された直径30mmのワイヤーロープに、これを海面に浮かせるため、「尺二玉」、つまり直径36cmの黄色い浮子(アバ)を取り付けています。定置網用カケヤ(掛矢)を用いて、ギュッと縛ります。定置網用語がたくさんです。これら資材はすべて日本から送ったものです。
d0113817_5111832.jpg

早い話、このワイヤーロープを海で井桁に組んで、そこに網を吊るしたものが、「定置網」となります。これらすべて、「日本式」です。それらすべてを、ポルトガル人漁師が行っています。
[PR]
by mobulamobular | 2013-01-19 04:07 | 定置網 | Comments(0)
<< Callistoctopus ... 地面 >>