投餌機
たくさんの人の助けを借りて、今年から、定置網船に「投餌機」なる機械を設置しました。

しかし、心配していた事態が、コレです。
d0113817_6362252.jpg

というのは、ウソです。

大型の送風機を用いて、餌を吹き飛ばすシステムですが、当初、そんなことしたらカモメに餌を全部さらわれるのではないかと危惧しましたが、実際は、そんなことはありませんでした。

カモメもバカじゃありません。水面で"大きな魚"が餌にバシャバシャ喰らいついて来ているところに、自らの身を危険にさらすようなことはしません。

写真のシーンは、"大きな魚"が腹いっぱいになった後も、給餌を続けた結果です。

それに、基本的にカモメは「飛んでくる魚」は好きじゃない様子でした。










______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2012-10-24 04:00 | マグロ | Comments(4)
Commented by obakappu at 2012-10-25 02:42
観光客に餌付けされた日本のカモメやトンビは宙を飛ぶ餌を上手にキャッチできます。
アルガルベのカモメの技術や嗜好が変わらないことを祈っています。
Commented by mobulamobular at 2012-10-25 04:21
ぷーままさんへ。アルガルベのカモメも、ひょいと魚を宙に投げてやると、上手にキャッチして食べます。しかし、ここでいう「飛んでくる魚」とは、自衛隊とかの演習で見る機関砲如く、魚が次から次へと、けっこうなスピードで飛んでくるので、キャッチしようものなら、かなりの衝撃を脳天で感じることになります。さすがのカモメも、こうなると魚が海に着水するのを待たなければなりません。しかし、こんどは餌の魚が着水したところを別の大きな魚が待ちうけていますので、そこに行こうものなら、自分も食べられてしまう、かもしれない、ということです。
Commented by obakappu at 2012-10-25 06:39
うわー、スリリング!!
Commented by mobulamobular at 2012-10-26 02:37
ぷーままさんへ。必至な感じが伝わりますか。
<< Reefer vessel 漁網会社 >>