理科離れ
日本の場合、今にはじまった問題ではなく、かなり昔から、それこそ江戸時代とかあるいはその前からのことではないかと思われ、これは今にいう理系とか文系の問題とは異なり、それこそ国民性とか文化に関する事柄ではないのかな、と思っています。

そもそも日本人の「科学リテラシー」はかなり低レベルだそうで、じゃ、なんでこんな経済大国、技術立国になったかといえば、それは戦後、食うため、金のためでなったことで、確かにこの時、「科学リテラシー」のレベルは一時上がったのかもしれませんが、食うに困らなくなった今、それは再び落っこちてきているのだと思います。ここでは、「科学リテラシー」を人間の本来の生きる術にかかわる基礎的な知識と解釈しています。

d0113817_1162878.jpg


学生間で「理科離れ」が進んでいると聞いたりしますが、数的には以前と変わりないという調査結果もあるように、昔から「理科好き」「理科嫌い」は混在しています。ですから、学生さんの問題ではないと考えます。問題は大人側にあり、現代社会があまりにも経済優先型に偏っているため、「理科好き」にはとても棲みにくい状況になっており、自然科学に対するお粗末な理解や軽視が反科学意識として広く社会に蔓延っており、結果、「理科好き」だった大人も「理科好き」ではいられなくなり、このことが「理科離れ」と表現されているのではないかと思っています。

戦後、国民が一丸となって復興を目指してきた日本。知識は決して奪われることのない国民の財産と考え、自然科学・社会科学らを尊重し続けてきた日本が、おかしなことになっています。

科学的・技術的な問題点を認識できず、自らの考えを表現することができなければ、再び重大な過ちを犯す結果になるのでは、と思います。まずは最悪の事態を想定し、この最悪事態をどのようにしたら最小のものにすることができるかを科学的見地から検討することが大切であることを、最近の日本人はみんな学んでいるはずです。














______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2012-08-21 04:30 | 戯言 | Comments(5)
Commented at 2012-08-23 14:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-08-23 14:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-08-23 14:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-08-23 14:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mobulamobular at 2012-08-24 05:15
カギコメさんへ。ありがとうございます。すべて納得です。
<< クラクラ 風鈴 >>