Sal
この場合の「シオ」は「潮」ではなく、「塩」です。ポルトガル語では"Sal"、「サル」と発音します。

雪や氷ではありません。塩です。種類からいえば、「海塩」ということになります。人間に限らず、多くの生き物たちの生命維持に大切なミネラルのひとつ、ナトリウムを「塩」から摂取しています。
d0113817_552558.jpg

いつか、「塩田跡地」と表記したことがありましたが、「現役」の様子です。
d0113817_58945.jpg

いつ収穫するのかは知りませんが、自然まかせの作業です。
d0113817_5321086.jpg

「敵に塩を送る」という、よい言葉が日本にはあります。「上杉謙信」の話は別として、「義」を尊ぶということ自体、今は流行らないのでしょうか。







______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2012-07-04 06:28 | ポルトガル文化 | Comments(4)
Commented by obakappu at 2012-07-06 19:55
そのまま塩が作れるほど海水がきれいなところなのですね。
Commented by mobulamobular at 2012-07-07 07:15
ぷーままさんへ。なめたら美味しかったですけど、「海水のきれい度」は別ものと思いますが、どうでしょう。
Commented by obakappu at 2012-07-08 11:20
そうなんですか?
塩にするときに精製するんだろうか。
Commented by mobulamobular at 2012-07-09 01:32
ぷーままさんへ。そんなことやらで、売る時にはけっこう制限がかかるようです。
<< デジスコ 箱網交換 >>