São João
なんでかは、よく知らないのですが、とにかくOlhãoでは、"São João"(サォン・ジョアンと発音します)です。「聖人ヨハネ」のことと思われます。これはお祭りの話です。6月24日ですから、夏祭りです。とにかく、23日の晩から飲めや食えや歌えや踊れやの大騒ぎになります。でも、「祝日」ではありません。しかし、人々が一年で一番のお祝いをする日です。

そして、主役はコレです。
d0113817_528528.jpg

学名 Sardina pilchardus、 英名 European pilchard、 ポルトガル名 Sardinha、 和名 ヨーロッパマイワシ です。

イワシがなければ、はじまりません。毎年、この時期のイワシ漁の動向に、祭りの盛り上がりが左右されます。

個人的には、この祭り、好きではありません。なぜならば、翌日、漁師が仕事に出て来ないからです。前述のとおり、「イワシ」が祭りの主役であれば、イワシを調達する漁師も、エラそうにしているのではないかと想像しています。

でも、「文化」だけじゃ食っていけないんだぞ、今の時代は。どうする、ポルトガル人。

っていうのは昔の話で、今はちゃんと祭りも仕事も両立しています。そして、楽しそうです。














______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2012-06-26 05:53 | ポルトガル文化 | Comments(0)
<< Luvarus imperialis 未来部 >>