あっさり
歳のせいか、はたまた、脂っこい魚を今まで食い過ぎたせいか、これがとても美味かったです。
d0113817_448151.jpg

学名 Scomberesox saurus saurus、 英名 Altanlic saury、 ポルトガル名 Agulhão、 和名 ニシサンマ、となります。

"こっち"のサンマですが、日本のサンマ(Cololabis saira)のような、ぼってりした感じはありません。もっとも、もっと北に行けば、それなりのサンマに出会えるのかもしれませんが、アルガルベにおいては、スレンダーな体型のもののみです。
d0113817_524228.jpg

でも、サンマ特有のビターな味わい、骨離れのよさなど、大根おろしとともに"あっさり"焼き魚でOK、と思いました。

チャンスがあればお召し上がれ、といいたいところですが、ポルトガルでは、まずこの魚を市場や魚屋さんおよびスーパーなどで見ることは、残念ながらないと思います。

ちなみにOlhãoでは、このサンマのことを、"Rufião"(ケンカっ早い奴)と呼んだりもしますが、何故かは不明です。











______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2012-05-19 05:00 | | Comments(10)
Commented by いずみ at 2012-05-21 07:32 x
いつもお魚の名前を教えていただいて感謝しております。しかし、この記事はショックです!!ポルでは秋刀魚は捕れないと思っていたのです。少ないので市場に出ないのでしょうか?年々魚の種類が少なくなっているように感じます。Perca de Niloなど食べたくないのですが(涙
Commented by mobulamobular at 2012-05-22 04:23
いずみさんへ。"サンマ"ですが、「秋刀魚」ではありませんので、ご安心ください。しかし、本文にも記しましたが、内臓あたりの苦味は、秋刀魚のもので、好きな人にはたまらない味だと思います。市場には出ないと思います。変なルールがたくさんありますから、この国で漁業をやるのはけっこうたいへんなことで、小釣り漁師の数が減っていると思われます。そんなことで、量はまとまらないけど面白そうな魚は、おっしゃる通り、数が減っています。"ナイルパーチ"ですが、これも美味しい魚です。これは、淡水魚ですが、天然ものです。漁師が帆船で獲っています。この魚が売れるようになって、たくさんの漁師が喜んでいると思いますので、ちょっと、楽しんでみてください。
Commented by いずみ at 2012-05-22 07:56 x
お答えありがとうございます。やっぱり残念です(涙)
ナイルパーチ、刺身ではムリですよね?どのあたりで獲っているのか、汚染の有無が不安です。うちの家族はRibatejoの人びとなので、淡水魚はボラでもサーベルでもアシガンでもガンガン食べてますよww
Commented by mobulamobular at 2012-05-23 04:22
いずみさんへ。ナイルパーチは大部分が東アフリカのビクトリア湖から来ていると思います。「生」が手に入るのですか?たぶん冷凍物がほとんどだと思いますが、やはり、刺身よりもフライにしたり、ムニエルにしたりする方が美味しいと思います。「汚染」についてあまり過敏になる必要はないと思いますが、「淡水魚」ですので、「虫」には注意が必要と思います。しかし、冷凍された魚を熱を通して調理することで、その問題も解決済みとなると思います。ボラやサーベルは川や汽水域にも入りますが、基本的には海水魚です。ブラックバスは淡水魚ですが、「川魚」特有の臭いが気になる場合は、皮を剥いで調理するとよいかもしれません。ご家族の方々にも、よろしくお伝えください。
Commented by Herrera美味しい at 2012-10-07 07:38 x
 昔の記事にコメントしてしまい恐縮ですが
この魚、先週スペインはアルメリアのバルで鉄板焼きで出しているところに遭遇しまして、味も形もさんまだったので
驚いて聞いてみたところ
市場には出回っていないということだったのですが、次の週の魚市場へ行ってみたら偶然売ってまして1キロ購入してきました。たったの3ユーロでした。もちろん、塩焼きで大根おろしを添えてご飯と一緒にいただきました。
こちらではAlganilとかって呼ばれていました。
バルのご主人も、市場で売っていた魚屋さんもこの魚のひそかなファンだったようで、凄く美味しいから!って力説されました。
アルメリアでも主に秋にとれるようです。

でも、正確にはさんまじゃないのですね。 勉強になります。

私は普段海辺に住んでいないのですが、Herreraもそうですが普段都市に出回らない珍しく美味しい魚が食べられるのはやはり海辺近くに住む者の醍醐味だなと感じます。

Commented by Herrera美味しい at 2012-10-11 00:49 x
読み違えておりました。 これもサンマなのですね。
今、うちのの冷凍庫には開きにして一夜干しにしたこの魚が
5匹眠っています。
酒の肴に大事に取っておきます。
Commented by mobulamobular at 2012-10-15 04:53
「Herrera美味しい」さんへ。そうですか。アルメリアでは出回っていますか。貴重な情報をありがとうございます。ひょっとしたら、それも定置網で獲れたものかもしれませんね。確かな位置は忘れましたが、カルタヘナあたりに、ひとつ定置網があるはずです。定置網というのは、こういった珍しい魚が入ってり、獲れたりするのが、とても楽しいです。魚好き万歳、っといったところです。
Commented by ロンドン魚屋 at 2015-09-14 18:31 x
はじめまして、ロンドンのプリムローズヒルと言う所で魚屋に勤めています。
サンマ、EUに輸入されないかずっと待っています。
いろいろ難しいのはわかるんですがね。。。。
ブログ楽しみにしています!
Commented by mobulamobular at 2015-09-15 05:34
ロンドン魚屋さんへ。はじめまして。コメントありがとうございます。サンマ、旨いですね。日本でも漁獲量が減少している様子ですので、ヨーロッパまでは回って来ないかもしれません。ちなみに、そちらの店では、どんな魚を扱っているのですか。
Commented by ロンドン魚屋ことプリヒル姉さん at 2015-11-09 04:38 x
コメントありがとうございます!!!うちの魚屋はかなり種類多く扱っています。タラ、サーモン、シーバス、レッドマレット、サバ、マトウダイ、ブリーム、カレイ数種、ターボット、ブリル、ヘイクなどなどです。取引先からポルトガル便のお魚も取っています、キンメやシマアジなど取っています。
<< ぶ~んと、ブリュッセル ヤング・ジェネレーション 2 >>