ニシマアジ
ふつう、ここでは水温が低くなると相対的に魚体が小さくなり、水温が暖かくなると魚体が大きくなる傾向があると思っています。

しかし、この魚は例外で、水温が冷えると、むしろ魚体の大きなものが定置網に入網します。下の写真の個体は、全長30cm弱でした。
d0113817_0493457.jpg

学名 Trachurus trachurus、 英名 Atlantic horse-mackerel、 ポルトガル名 Carapau、 和名 ニシマアジ、 です。
お腹のところがプクっとふくれて、丸々した脂の乗った、旬のアジです。
d0113817_0581418.jpg

刺身よし、たたきよし、焼きよし、煮よし、です。ここらのポルトガル人もこのアジは大好物で、一気に5尾ぐらいは平らげます。ちなみにイワシは15尾ぐらいが「1人前」です。
d0113817_1175160.jpg


そういえば、昨日の「アジフライ」も美味しかった、です。











______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2012-04-27 06:48 | | Comments(2)
Commented by obakappu at 2012-04-30 00:51
30cmを5匹ですかっ!!
すげ~~。
Commented by mobulamobular at 2012-05-02 03:38
ぷーままさんへ。ハイ、5尾です。それに、パンとサラダとワインです。
<< さもありなん 4月25日 >>